専業主婦でも借りられるカードローン

困ったときには、専業主婦でも借りれるカードローン!

専業主婦として家計を守り、日々節約生活をしていても、いきなりの出費で家計が火の車になることは誰にでも起こりうることです。予定外支出が続き、請求書の支払期限も迫っている。そういう場合、夫や親兄弟に知られず、お金を工面したいと思うこともあるでしょう。でも、収入のない自分には貸してくれるところなどないと思うかもしれません。けれど、実はそうではないのです。「でも、無職の主婦に貸してくれるなんて、怪しい闇金なのでは?」と感じるかもしれませんが、そうではありません。専業主婦でも借りれるカードローン、それは銀行系のカードローンです。銀行なんて、一番敷居が高いと考えている人もいるでしょう。確かに、無職の人にはお金を貸してくれません。しかし、主婦の場合は配偶者の収入が考慮されるのです。世帯として収入があるという扱いになり、専業主婦でも借りれるカードローンということになるのです。なお、専業主婦でも借りれるカードローンは銀行系のみで、消費者金融系では断られます。これは、サラ金が総量規制法対象であるのが理由です。銀行はこの法律の対象外となっているために、収入がない主婦の人であっても融資を受けることができるという仕組みです。

旦那さんにバレない専業主婦のキャッシング

専業主婦の方でも、何かと出費が重なったときなどにキャッシングを利用したいという方はいらっしゃると思います。しかしなかなか旦那さんには相談もしづらかったりと、出来ればバレないようにキャッシングができればと思っている方もいらっしゃるでしょう。そんな専業主婦におすすめなのが銀行のカードローンです。かつては大手の消費者金融などの貸金業者からも専業主婦がお金を借りることができましたが、総量規制の導入によって専業主婦の方が旦那さんにバレないで消費者金融からキャッシングをすることはできなくなってしまいました。しかし、この総量規制の対象外である銀行のカードローンならば、専業主婦の方が旦那さんにバレないでお金を借りることができるのです。しかもその審査は比較的通りやすいと言われており、過去に延滞や事故歴がなく、きちんと申請書類を書いて提出すればかなり高い確率で審査を通過することができます。また、緊急にお金が必要という場合にも、早いところでは30分ほどでお金を借りることができるのです。インターネットを通じてスマートフォンで申し込みをすることもできるので、パソコンを持っていないという方でも大丈夫ですし、土日でも受け付けているところもあるので安心です。低金利かつ専業主婦でも借りれるカードローンといえば三菱東京UFJ銀行カードローンだと思います。阿部寛がCMやっているバンクイックと呼ばれているやつです。

在籍確認なしでカードローンを利用する方法

カードローンを利用して融資を受けようという場合、避けて通れない事があります。それが、職場への在籍確認です。これは電話にて申込者が申告した職場に勤務しているかということを確かめる目的で行われるものです。在籍確認は担当者の個人名で行われるので、それだけでカードローンを利用しようとしているということがバレることはほとんどありません。しかし、在籍確認なしで利用したいと考えている人もいるでしょう。では、在籍確認なしで利用することが出来るカードローンはあるのでしょうか。在籍確認なしで利用することが出来る場合もありますが、一定の条件を満たしている必要があります。その条件を満たしていないけれど、在籍確認は避けたいという場合には、利用しようとしている消費者金融業者に相談するようにしましょう。大手消費者金融業者の場合は書類での在籍確認を認めてくれる場合もあります。職場に在籍しているということが証明することが出来るような書類、社員証や給与明細などを提示することにより、電話での在籍確認を避けることが出来ます。ただし、高額融資を希望している場合には、電話連絡が必須となることがほとんどですので、どの程度の融資を受けることが出来るのかを確認することは必要でしょう。

専業主婦でも借りれるカードローンで金利の低いところへ借り換え

複数の借入先から融資を受けているという場合、それらを一つにまとめることを目的としているカードローンがおまとめローンと呼ばれるものです。このおまとめローンは申込者に収入があるという事が前提となります。つまり、自身に収入のない専業主婦の場合は申し込みをすることが出来ないということになります。専業主婦でも借りれるカードローンとして、おまとめローンと似たようなものに借り換えローンがあります。これは、今現在融資を受けているところよりも金利の低い専業主婦でも借りれるカードローンに新規に申し込みをするというものです。専業主婦でも借りれるカードローンは利用限度額はそれほど高額ではありませんが、借入額が少額である場合には、金利の低いところに借り換えることにより、返済額を抑えることが出来ます。借り換えローンでは、新規に借り入れたお金でこれまでの借入金の完済を目指します。せっかく金利の低いところから新規に借り入れた場合でも、それを返済に充てることが出来なかった場合には、結果として借金額が増えてしまう結果になってしまいますので、注意をするようにしましょう。なお、全てのカードローンが専業主婦への融資を行っているわけではありませんので、確認しましょう。

夫に内緒で申し込める専業主婦でも借りれるカードローンとは

安定収入のない専業主婦でも借りれるカードローンはあります。自分に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば、配偶者の審査を経ることで、銀行カードローンで申し込むことができます。ただ、配偶者の審査を受けるということは、通常配偶者の収入証明書を提出したり、配偶者の会社に在籍の確認がかかるなどするため、夫に内緒で借りることができません。銀行カードローンの中には、少額の借り入れ枠に限定して、専業主婦でも借りれるカードローンがあり、こういったカードローンなら、収入証明の提出や、配偶者への確認の電話がないため、夫に内緒で借り入れすることが可能です。消費者金融の場合、総量規制という法律によって、収入のない専業主婦は借りることができません。一方、銀行カードローンは、総量規制の対象外となるため、専業主婦でも借りれるカードローンといえます。また、消費者金融に比べ、銀行カードローンは遅いというイメージがあるかもしれませんが、即日融資に対応しているところもあり、申し込んだその日に借り入れも可能ですから、今すぐお金が必要というときには大変便利です。また、無利息で借り入れできるところもあるので、給料日まで少し足りないという時に、夫に内緒で借り入れすることもできます。

複数の専業主婦でも借りれるカードローンから借りることは出来るのか

専業主婦でも借りれるカードローンは存在します。収入の無い専業主婦でも配偶者に十分な収入があると金融機関が判断した場合には専業主婦でもお金を借りることは出来ます。判断基準は金融機関により異なり、公表されてはいません。専業主婦でも借りれるカードローンとは言っても、複数のカードローンの審査を通過することが出来るかというと、非常に難しいと言えます。判断基準が公表されていないため、明確な線引をすることは出来ませんが、2社からの借り入れは可能な場合が多いですが、それが3社以上となると難しいという場合が多いようです。専業主婦でも借りれるカードローンに申し込んだ場合には、事前に審査を受ける必要があります。この時に既に複数のカードローンを利用している場合や短期間に複数のカードローンに申込をしているという場合には、返済能力に疑問が持たれてしまう可能性がありますので、審査を通過することが出来ない可能性があります。金融機関によっては、申込前に簡易審査を受けることが出来る場合がありますので、必要に応じて利用するようにしましょう。その結果が全てではありませんが、審査を通過することが出来るか否かの一つの基準となるでしょう。